医療コーチング、メディカルコーチングの人材を育成するコーチクエスト

SPIC

法人・団体様のお問い合わせはこちらから

最新情報

最新セミナースケジュール

研究成果のデータ

コーチクエストに関するお問い合わせ
TEL:0467-23-8161【受付時間】平日 10:00〜17:00
インターネットからはこちら

株式会社スピック
医療コンサルタント事業部
コーチクエスト

〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町2-12-30
BMビル4F


HOME > コーチングエッセンス > コーチングエッセンス 2009.11.09号

コーチング・エッセンスVol.26

相手に合わせたコミュニケーションをする A プロモータータイプ



 

タイプ別コーチング・好奇心と夢がいっぱいの(プロモータータイプ)

コーチングでは人はひとりひとり違うと考えます。誰にでも同じ接し方ではなく、

その人の行動パターンなどを観察し、話しに耳を傾け、その人にあわせたコミュニケーションを取ることが効果的です。

「親分肌のコントローラー」「アイディア豊富なプロモーター」、「縁の下の力持ちのサポーター」

そして「論理的思考のアナライザー」これら4つのタイプに分かれています。

前回は、「親分肌のコントローラー」について触れました。今回は「アイディア豊富なプロモーター」について解説をします。


 

 

好奇心と夢がいっぱいのプロモータータイプは楽しい事が好き!!

プロモータータイプは行動的で明るく、新しいこと、珍しいものにすぐに反応します。

典型的なプロモーターは、決められたことをその通りやるのは、好みません。

深く考えず、先ずは自分で一度試してみて、自分流のやり方を工夫します。

特徴的なことは、新しいものや話題のものにはすぐに飛びつきます。

たとえば、健康器具の新商品がたといったらすぐに購入してしまいます。

そして、使い方が分からなくとも、マニュアルを読まないでとりあえずいじってみます。

使い方がわからなくなってから、ようやくマニュアルを読みます。プロモータータイプは何よりも、楽しいことが大好きです。

楽しくなければ、自分で楽しめる工夫をいろいろ考えます。保健指導でもプロモータータイプのクライアントは、

身振り手振りを交えてとても良く話します。気をつけないと、話がどんどんと脱線してしまいます。

生活習慣改善のために運動を勧めても、「○○ブランドの真赤なウエアーを着て、靴はナイキの・・帽子は・・・」とか、

「いつかはボストンマラソに・・・」と本題から外れかねません。

いろいろとアイデアを膨らませながら考えを巡らせるのが一番楽しい時で、実際に行動を起こしても、すぐに飽きて継続しません。

継続的に何かをさせたいときは、飽きない工夫やドローが必要です。

プロモーターの特徴的な行動特性は?!

■プロモーターの特徴
・声や表情が明るく感情表現が豊か
・アイディアが豊富で創造力・先見性がある
・『すごい!』『最高!』など感嘆詞(!)が多い
・夢を語るのが好きでエネルギッシュ
・『バンバン!』『ガンガン』など擬音語が多い
・人と活気のあることをするのが大好き
・身振り手振りが多く早口で抑揚のある話し方
・話の展開が早く聞き手がついてこられなくなる
・決め付けた言い方で語尾が断定的
・目立ちたがり・お調子者と思われることがある
・おしゃべり好きで、話が飛びやすく展開も早い
・新しいことを始めるのが得意だが飽きっぽい

プロモーターとの接し方

【1】相手の自主性やアイデアを尊重する

一生懸命、自分で考えてきたアイデイアに対して、頭こなしに否定をされると、やる気は一気に失せます。

たとえ、それが意味もないことであったとしても、一生懸命考えたことに対して、『○○さんは、いろいろ考えていらしたのですね!

積極的ですばらしいです!』という様に、いったん受け止めてあげる必要があります。

そして、いったん受け止めたら『こういうのも効果的ですよ』という様に、さらに興味をそそる言い方をすれば

、あなたの伝えたやり方をさらに一工夫してくるでしょう。

【2】ポイントを絞って意識を向けさせる
プロモータータイプの人は、擬音語が多く、大雑把な説明をします。そして、あれこれと考えるあまり、

症状とは関係ないことまで説明したりします。話しが脱線している様な時は、そのまま続けさせず、

元に戻す必要があります。そして、話しの焦点を絞って、大事なことは何かなど整理させます。

【3】飽きない工夫をさせる
プロモータータイプは、いろいろと考えますが、考えるのに楽しみを感じ、実行に移すと飽きっぽいので、

長続きはしません。継続的に実行せねばならないときは、飽きない工夫をするといいでしょう。

【4】ほめる!その気にさせる!
プロモーターはほめられるとニコニコやる気を出します。たとえ、お伊達やお世辞と分かっていても、

悪い気分ではありません。最高のほめ言葉は、語尾に「!」がつく、『最高よ、がんばりましたね!』「素晴らしいです!」

「さすがあなたですね!」などといわれると、調子に乗ってもっと頑張ります。とにかく、楽しいことが好きですので、

『運動をしないと寝たきりになってしまいますよ』などと、ネガテイブな言い方をするのではなく、『運動をすると、

買い物に行ける様になりますよ』などと、相手が好きなことをできるようになると伝えると、やる気を出して頑張ります。

次回は事例をもとにご紹介します。

ページTOPへ