医療コーチング、メディカルコーチングの人材を育成するコーチクエスト

SPIC

法人・団体様のお問い合わせはこちらから

最新情報

最新セミナースケジュール

研究成果のデータ

コーチクエストに関するお問い合わせ
TEL:0467-23-8161【受付時間】平日 10:00〜17:00
インターネットからはこちら

株式会社スピック
医療コンサルタント事業部
コーチクエスト

〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町2-12-30
BMビル4F


HOME > コーチングエッセンス > コーチングエッセンス 2008.12.01号

コーチング・エッセンスVol.7

相手に合わせた「ほめ方」で「認めている」ことを伝えよう

 「ほめる」は最もよく知られている承認の方法です。

ただ、同じほめるにしてもお世辞やわざとらしいほめ方では、かえって逆効果になります。

効果的な承認はワンパターンではなく、その人にあわせたほめ方をすることです。

 今回は「ほめ方」のポイントを2回に分けて紹介します。

人はほめられると「認められた」と感じる

目標に向かって進むためには、自分を正当に評価し、認めてくれる人の存在が不可欠です。

人は「認められている」と感じると、モチベーションが上がり行動力が増します。

逆に「認められていない」と感じると、自分に自信がもてず、やる気が湧きません。

保健指導において、相手を「認める」ことは非常に重要なのです。

コーチングでは、相手の存在のすべてを認め、それを相手に伝えることを「承認」といいます。

ただ認めるだけでなく、「認めていますよ」というメッセージを意識的に伝えることが肝心です。

もっとも一般的な承認の方法は「ほめる」ことです。

「よくがんばりましたね」「すごいですね」などというほめ言葉は、相手のやる気を引き出す最強のメッセージです。

とはいえ、同じほめ言葉でも人によって感じ方はちがいます。

どんな相手にもメッセージを伝えられるように、相手に合わせたほめかたを紹介しましょう。

相手に合わせたほめかたを探る

相手に「あなたのことを認めていますよ」と伝えるためには、成果や努力を認めてほめることが一番です。

ほめられると、誰もが「もっとがんばろう」という気になります。

とはいえ、同じように「すごいですね」とほめても、なかには「本当に?」と疑念を持つ人や

「何もわかっていないくせに」と反発心を抱く人もいます。ですから、その人に合わせたほめかたを考えるのが大切です。

 相手に合わせたほめかたを選ぶためには、相手の反応を観察することです。

 

次の4つのほめかたを試しながら、相手のタイプを探ってみましょう。

1.表情豊かに伝える

まず「すごいですね!」とストレートなほめ言葉をかけ、相手の反応を見ます。

素直に喜ぶ人なら、表情や身振り手振りも交え、感情豊かにほめるのが正解。

そうすることで「またほめられたい」「次もがんばろう」と思ってもらえます。

このパターンは、おしゃべり好きでアクションが大きい人にあてはまります。

 

たとえば…

「○○さんやせましたね! すごいじゃないですか!」

 

2.事実を伝える

「すごいですね!」とほめても、論理的な人にはピンときません。

そういう人はデータを重視するので、感情を込めるよりも淡々と事実を伝えるほうが効果的です。

「なぜ結果を出せたのか」という事実を伝えることで、初めて「わかってくれている」と感じてもらえるのです。

たとえば…

「こんなに細かく食事記録をつけているから達成できたのですね」「○○さんは毎日計画を実行していますね」

3.自分の気持ちを伝える

人のサポートが得意な人、世話好きな人には、あなたが感じた気持ちをそのまま伝えるのが効果的です。

「私はうれしいです」というように「私」を主語にして伝えると、相手は素直に受けとめることができます。

そして「この人をもっと喜ばせたい」「この人のためにがんばろう」という気持ちが湧いてきます。

 

たとえば…

「○○さんが目標を達成したので、私もうれしいです」

「○○さんの努力する姿を見ていると、私まで励まされます」

4.「あなたは特別」と伝える

「ほめられると悪い気がしない」と言いますが、ただほめるだけでは満足しい人もいます。

特に人の上に立つ人は自分が特別だという意識があるので、ほめかたにもひとひねりが必要です。

ポイントは、「さすが○○さんはちがいますね」などとほかの人との差別化をすること。

管理職の人には少なからずこの傾向があり、役職に触れてほめるとさらに効果的です。

たとえば…

「さすが課長さんはちがいますね」「やはり要職の方は、健康管理がお上手ですね」

次回は、さまざまなタイプの人に合わせたほめかたを、もう少し詳しく4人の例で紹介します。

相手がどのタイプに該当するか探るためには、反応を見ながらいくつかのパターンを試してみましょう。

ページTOPへ